JR東日本は駅弁・アスパラガス・鮮魚新幹線を運転すると発表しました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、旅行需要が減っているため収益源の確保の一環として運転されるものと思われます。

駅弁・アスパラガス・鮮魚新幹線の運転ダイヤ・時刻表

運転されるのは鮮魚が2021年4月15日で、新函館北斗9時35分発はやぶさ18号、新函館北斗駅10時53分発はやぶさ22号、2021年4月21日新函館北斗駅6時39分発はやぶさ10号で運転されます。

また、4月22日、4月23日、4月24日に7時38分発はやぶさ14号で鮮魚新幹線、5月7日、13日に6時39分発はやぶさ10号でアスパラガス新幹線が運転されます。

JR東日本は新型コロナウイルス感染拡大の影響で需要が減っている中、列車の空席を利用して運転されるケースがあり、今後も続いていくと思われます。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事