スポンサーリンク

JR東日本は試験的に2020年8月26日~28日の3日間、「やまびこ136号」の1号車を貸切って、石巻で水揚げされた魚を仙台~東京間で輸送する「鮮魚新幹線」「鮮魚列車」ともいえる列車を運転します。石巻で水揚げされた魚はグランスタ東京で「回転寿司」として発売します。

「鮮魚新幹線」の運行の概要 石巻~仙台~東京間で輸送

 

試験的に東北新幹線で「鮮魚新幹線」が運転されるのは2020年8月26日~28日の「やまびこ136号(東京10時41分発→東京12時48分着)」の1号車です。自由席は1号車から5号車まで設定されますが、当日は1号車には乗車できません。

当日の朝、宮城県・石巻で水揚げされた「ヒラメ」「スズキ」といった魚介類が、石巻から仙台駅まではトラック、仙台駅からは東北新幹線で東京駅まで輸送されます。東京駅の大型商業施設「グランスタ東京」の「回転寿司 羽田市場」、「海鮮居酒屋 羽田市場」、グランアージュ「羽田市場食堂」ほかで、宮城県産の刺身・海鮮丼・寿司として販売されます。

今後、この輸送ルートが実用化されていくかということも注目されます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事