今回は東海道新幹線が割引となるEX予約について、関東に住んでたとしても関西のJR西日本のJ-WESTエクスプレスカードを選ぶ理由について今回は書いていきます。

年会費は1100円かかってしまいますが、それでも年1回でも東海道新幹線などに乗車する場合は持っておいたらお得です。割引特典について詳しく解説します。

EX予約を使うならJR東海よりJR西日本J-WESTカードを使う理由

J-WESTのカードには2種類あって、年会費がかかりますが東海道新幹線などが割引になる「エクスプレスカード」と年会費がかからない「スタンダードカード」があります。

「エクスプレスカード」はEX予約という東海道新幹線の特急券が安くなったり、規定された回数東海道新幹線に乗るとグリーン車にアップグレードができるカードです。今回それ以外の特典について紹介するのはこちらのカードです。

「スタンダードカード」とはエクスプレスカードと比較して東海道新幹線・九州新幹線を除く新幹線・特急列車の割引が受けられます。東海道新幹線は使わないけど北陸新幹線は使うという方はこちらのカードがいいかもしれません。

JR東海のカードを選ぶ手もありますが、残念ながらJ-WESTカードの方が年会費は同じなのに割引特典が違います。年会費が同じなら割引特典はないよりあった方がいいですよね。

J-WESTエクスプレスカードを持っているとどんな割引特典があるのでしょうか?関東に住んでても「関西のJR西日本のクレカ」を持つ理由とは何でしょうか?

関東に住んでてもわざわざ「関西のJR」のカード持つのは豊富な割引特典が魅力的

実は関西にあるJR西日本のクレジットカードを勧めたいのは意外にも「東京を中心に関東に住んでいる人」です。特に東海道新幹線・北陸新幹線で富山・金沢に旅行する方々におすすめです。

年会費1100円払ってどんな割引特典があるのでしょうか?

 

東海道新幹線の場合東京~新大阪間で1回乗車当たり1100円割引になり、年会費分が片道で割引になります。グリーンプログラム(カード契約時点で自動登録)というサービスがあり、東京~新大阪間6往復したら貯まったグリーンポイントで1回グリーン車に乗ることができます。ここまでの特典はJR東海のカードにも特典があります。

しかしながら、JR-WEST「エクスプレスカード」には関西圏のJR西日本の特急券の割引の特典があります。あまりにも特典自体の数が多いので省略しますが、当日購入でもカードを持っているだけで安くなるというのが大きなメリットでしょう。また、JR四国に乗り入れをしている「快速マリンライナーの指定席」のみの割引ですが通常530円のところ330円に割引されるなどの割引もあります。

ここまでなら、「関西にいる人だけ」が得するので関東の人は東海道新幹線利用でしか得しないことになります。ただこの「J-WESTエクスプレスカード」は北陸新幹線が使えるというのが大きな強みになり、関東にいる人でも得することになります。北陸にあまり行かないという人でも家族旅行のために持って置くのはありかもしれませんし、北陸新幹線がいくら安くなるというのだけでも見ていってください。

【えきねっとより安い】北陸新幹線東京~富山・金沢で得をする方法

北陸新幹線をお得に利用するためにあえて、JR西日本の「J-WESTカード」と予約サービス「e5489(良いご予約の語呂合わせらしいです)」を使うというのが方法としてあります。「JR西日本のサービスなんだからJR東日本の駅では切符の受け取りとかできないよね?」と思っているかもしれません。

確かに昔はできませんでしたが、現在は北陸新幹線の各駅と東京都区内の主な駅の指定席券売機、窓口で受け取ることができるようになり、JR東日本エリアでもJR西日本の北陸新幹線のチケットが使えるようになりました。

JR東日本でも北陸新幹線が安くなる「えきねっとトクだ値」というのがありますが、通年発売でも東京~金沢間普通車指定席で1万2760円で約10%引きとなっています。定価が1万4580円なので、約1500円引きの割引になりますが、発売制限があるため列車に空席があったとしても予約できない場合もあります。また、これと同じサービスはJR西日本も発売されており「eチケット早特1」という値段も全くの同様の切符があります。

※発売制限とは割引切符に座席数に制限をする発売方法です。(買えなかったらJR東日本の場合は定価で買うしかなくなるケースが多い)

ただ、JR西日本にはそれよりは約500円高くなってしまいますが、通年発売で発売制限のない会員限定の「J-WEST eチケット」があります。

「えきねっとトクだ値・eチケット早特1」とJR西日本「J-WEST eチケット」のどこが違うか比較をしてみましょう。

  えきねっと「えきねっとトクだ値・eチケット早特1」 JR西日本「J-WEST eチケット」
値段 1万2760円 1万3630円
発売制限(座席数制限) あり なし
発売期間 通年 通年
割引額 1820円 1220円
購入できる人 誰でも買える J-WEST会員のみ

東京~和倉温泉・福井まででも得をする方法も

東京から和倉温泉・福井へもJ-WESTカードを持っていることで得する方法があります。

ちなみに定価だと東京~和倉温泉間は1万6620円、東京~福井間1万6640円です。

e早特1では東京(都区内)~和倉温泉間が1万3910円、福井までだと1万3900円と、約2600円ほど片道が安くなります。東京~福井だと飛行機を使う方もいると思いますが、こちらの割引切符も活用してみてはいかがでしょうか?

「乗車券+特急券」ではなく「特急券のみの割引」のタイプも 学割併用で「最安のきっぷに」

※写真は特急券+乗車券がセットになっているきっぷの一例。

えきねっとトクだ値のような乗車券+特急券ではなく、特急券のみ割引になっているeきっぷもあります。

例えば横浜に住んでいる人が「えきねっとトクだ値」を購入すると「東京~金沢間の乗車券・特急券」と「東京~横浜間の乗車券」を別途買う必要があります。総額としては「1万2760円」に「480円」足して乗ることになります。(合計金額は13240円)割引額としては本来東京から乗るときの1820円から1340円に割引額が減額されます。

「eきっぷ」を使うことにより「横浜~金沢間の乗車券」と「北陸新幹線の特急券(割引)」の組み合わせになるので通常運賃7700円+6250円となります。(合計金額は1万3950円)安くはなっていませんが、「えきねっとトクだ値」が予約できない場合定価で買うよりは安くなります。

もし仮に学生さんで「学割運賃」が適用できる場合には通常運賃7700円が6160円となるので合計金額1万2410円となり、東京~金沢間の「トクだ値」より安く横浜から金沢まで乗車することができます。

結論としてまとめると「東京~金沢間のトクだ値」であっても「東京駅まで1190円を超える運賃がかかる場合」「学割運賃が使える場合」は特急券の割引を受けられる「eきっぷ」を使った方が安くなることがあります。(ちなみにJR東日本では北陸新幹線の特急券のみの割引切符の発売はありません)

J-WESTカードをあえて「関東に住んでても」持つ理由まとめ

いかがだったでしょうか?東海道新幹線と北陸新幹線を使う場合には「エクスプレスカード」となり年会費が1100円かかりますが、北陸新幹線のみなら「ベーシックカード」でも十分かもしれません。年会費自体もそこまで高くないので持っているだけでも、友人や家族旅行など複数人の旅行をするほどお得になった金額は大きくなっていきます。

先ほど説明したJ-WESTカードを持つ理由を改めてまとめておきます。

  • 北陸新幹線の割引についてはJR東日本だと「えきねっとトクだ値」しかないが、通年発売で発売制限がないお得な切符がJ-WESTカードを持つことに購入が可能。
  • 「えきねっとトクだ値」の発駅から遠い人は損する可能性もあるが、J-WESTカードで「特急券のみ」の購入もできるのでリスク分散ができる。また、学割を併用すると「最強・最安の切符」ができる。
  • JR東海「エクスプレスカード」とJR西日本の「エクスプレスカード」の東海道新幹線での特典は同じ、J-WESTカードのみJR西日本の在来線特急・北陸新幹線の特典が付帯。
  • JR東日本にはない福井・和倉温泉間の割引設定も片道で約2600円も割引になり魅力の一つ。往復で浮いた5000円で美味しいものを食べれる。

もし、分からないことがあればできるだけ、コメント欄にて回答しますので是非そちらもご利用ください。(スパム防止のため有効なメールアドレス以外は解答されません。名前はニックネームでどうぞ。)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事