【2年連続】「後藤総合車両所一般公開」は2020年10月も中止 新型コロナウイルスが原因

JR西日本は鳥取県米子市にある「後藤総合車両所の一般公開」について2020年10月も中止すると発表しました。原因となったのは昨今の「新型コロナウイルスが感染拡大」で、2019年10月も台風19号で中止となっており2年連続の開催中止となります。

後藤総合車両所には「キハ187形特急車両」の配置がある他、「扇形機関庫」が現存しているという特徴があります。

JR西日本は今回の公開中止に次のようにコメントしています。

『後藤総合車両所では、「鉄道をもっと身近なものとして感じていただく」「地域共生」を目的とした「後藤総合車両所一般公開」を例年 10 月に開催しており多くのお客様にご来場いただいています。今年も開催に向け検討を進めてまいりましたが、全国的に新型コロナウイルスの感染が拡大している
状況を鑑みて中止します。楽しみにしてくださっている皆様には誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます』とコメントしています。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事