阪急電車は2021年6月28日にコウペンちゃん号を運転すると発表しました。神戸線・京都線・宝塚線に各1本ずつです。

車体ラッピング・コウペンちゃん仕様に

コウペンちゃん号
阪急公式サイトより

運転開始は2021年7月14日(水)~2022年1月31日(月)までの間、運行される日時について不定期となり、当日までどの列車に入るかは分からないということです。

ラッピングの対象となる車両の編成も公開されており、は阪急京都線は1300系1306F(C#1306)、宝塚線は阪急1000系1013F(C#1013)、神戸線は阪急1000系1014F(C#1014)。

コウペンちゃん号 ラッピング
コウペンちゃん号 ドア横ステッカー

車体ラッピングは1両目と8両目にされる予定となっています。2号車~7号車はドア横のステッカーのみとなります。

特製ヘッドマークが各線違うものが使用されます。

コウペンちゃん号には阪急初のLED方向幕が使用

コウペンちゃん号LED方向幕

今回阪急電車としては初めての導入となるLED方向幕もコウペンちゃん仕様に変更されます。また、千里線に入り「天神橋筋六丁目行き」が表示できるのかどうかと期待していた方もいるかもしれませんが、残念ながら堺筋線には入線しないようです。もしかすると、事故などがあったときにやむを得ず入るかもしれませんね。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事