9月15日、阪急神戸線岡本駅東側の踏切で接触事故がありました。

接触後 駅まで引きずられたか

Originally tweeted by 乃木やくも (@nogiyakumo) on 2021年9月15日.

阪急電鉄神戸線岡本駅東側の踏切で、大阪梅田発新開地行き下り特急電車(7023F・6両)と乗用車が接触しました。衝撃で同駅ホーム横の線路上まで引きずられて停車しました。

接触したのはシエンタと見られますが前部を中心に大きく大破しました。53歳男性は左足を負傷しましたが、自力で脱出し病院に搬送されました。

この影響により阪急神戸線は終日運転を見合わせました。当該車両の撤去は完了しましたが、運転再開目処は立っていません。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事