JR北海道はツインクルプラザについて全店舗閉店することを発表しました。

元々2022年2月に閉店することとしていましたが、新型コロナウイルスの影響でJR北海道の経営悪化・収益改善のため、一年前倒しをして2021年2月28日をもって閉店することとなりました。

ツインクルプラザ閉店店舗

閉店する店舗はツインクルプラザ札幌南口支店、ツインクルプラザ釧路支店、ツインクルプラザ帯広支店、ツインクルプラザ旭川支店、ツインクルプラザ函館支店、ツインクルプラザ札幌支店です。

また電話による旅行商品の電話販売も終了となります。2021年2月28日が閉店日ですが、土曜日のため、一部店舗は2月27日に営業を終了する店舗があります。

今後はJR東日本のインターネット予約サービス「えきねっと」を利用をしてくださいということです。

また、法人旅行については今後も営業を継続するということです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
阪急神戸線と阪急京都線の直通運転計画があった「阪急新大阪連絡線」 開業してれば神戸三宮から河原町まで乗り換えなしだった? 大阪万博・リニアに向けて十三~新大阪へ延伸・直通計画のみ2025年の実現目指す
阪急
阪急神戸線と阪急京都線の直通運転計画があった「阪急新大阪連絡線」 開業してれば神戸三宮から河原町まで乗り換えなしだった? 大阪万博・リニアに向けて十三~新大阪へ延伸・直通計画のみ2025年の実現目指す
かつて阪急神戸線と阪急京都線の直通運転と新大阪乗り入れをするために建設される予定だった「阪急新大阪連絡線」の計画がありました。 それについて...