2月6日、東武東上線内での17000系試運転は2本体制になりました。

東武東上線に17000系が2本

東武東上線では東京メトロ17000系17103Fによる性能確認試運転と乗務員訓練が引き続き行われています。

東急東横線・みなとみらい線では17101Fが、西武池袋線では17102Fが同様の試運転を連日行ってきましたが、昨日東京メトロに返却されました。恐らく同路線での試運転は完了したものと思われます。

17103Fに関しては、返却されることなく森林公園研修区留置のまま本日も試運転が進められています。なお本日17102Fの臨時回送があり、同所に回送された後試運転に加わりました。

これで東武東上線での試運転は17102Fと17103Fの2本体制になったのですが、同路線での試運転に時間がかかっていることからペースアップを図ったと推測されます。

副都心・有楽町線向けということで、直通路線が多く試運転に時間がかかりがちですが、17000系のデビューは東武東上線次第ということになりそうです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
阪急神戸線と阪急京都線の直通運転計画があった「阪急新大阪連絡線」 開業してれば神戸三宮から河原町まで乗り換えなしだった? 大阪万博・リニアに向けて十三~新大阪へ延伸・直通計画のみ2025年の実現目指す
阪急
阪急神戸線と阪急京都線の直通運転計画があった「阪急新大阪連絡線」 開業してれば神戸三宮から河原町まで乗り換えなしだった? 大阪万博・リニアに向けて十三~新大阪へ延伸・直通計画のみ2025年の実現目指す
かつて阪急神戸線と阪急京都線の直通運転と新大阪乗り入れをするために建設される予定だった「阪急新大阪連絡線」の計画がありました。 それについて...