山陽本線】JR西、新駅設置を発表 姫路英賀保

JR西日本は2021年1月14日(木)、山陽本線・姫路~英賀保間で新駅の設置を近畿運輸局長に対し申請をしました。

JR西日本・姫路市、新駅整備事業

姫路~英賀保

2026年 春 新駅開業

西日本旅客鉄道は、JR山陽本線・姫路駅~英賀保駅間(約4.6km)に新たに駅を設置する認可を申請しました。

両駅間は姫路市内で最も長い距離であり市内平均の2.1kmと比較して倍以上の距離があります。

今回は、2016年12月にJR西日本と姫路市が新駅設置に向けた具体的な検討を進める整備事業から進展したものとなります。

新駅概要

新駅の予定所在地は、兵庫県姫路市西延末となっています。

姫路駅から西へ約1.8km、英賀保駅から東へ2.8kmの場所となる見込みです。

橋上駅舎にエレベーター2基を設けます。相対式ホーム2面となっており、12両編成の列車まで対応します。

周辺には文化・スポーツ施設が集まる手柄山中央公園があり、公共交通でのアクセス向上につながります。

開業は2026年春を予定しており、新駅整備事業が更なる進展をするとしています。

この記事を書いた人

豊浜 こよね

サイトメンテナンス担当

プレスリリース、お得な情報、旅の記録系記事の執筆をしています。
素敵な旅の情報を皆様へお届けしたいです♪

     

この人が書いた他の記事

執筆記事一覧こちら

 
鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事