【キハ261系5000番台】特急宗谷で「はまなす編成」が2021年初運行

連日の大雪の中、運休や運用変更は相次いでいるJR北海道の特急列車。本日(2021年1月12日)、「はなます編成」が2021年初の運用復活をしました。

特急”宗谷”号で稚内へ

キハ261形5000番台「はまなす編成」は2020年10月17日にデビューしました。

デビュー記念として釧路方面「特急おおぞら」、網走方面「特急オホーツク」、函館方面「特急北斗」、そして稚内方面「特急宗谷」などに用いられました。

現在は、主に稚内方面に札幌~稚内間の「特急宗谷」号と折り返し運用として旭川~稚内間の「特急サロベツ」号に多く運用されています。

2021年は1月12日(火)に運用を再開し、札幌発稚内行「特急宗谷」号として運行しています。また折り返し稚内発旭川行「特急サロベツ」号にも充当される見込みです。

連日の運休や所定変更からJR北海道の発表している「はまなす編成」の所定運行に復活し、以下のような運用になる見込みです。

1月1日~4日は運用されず、本日新年初の運用再開した「はまなす編成」

JR北海道では、冬のシーズン多くの運休や運用変更が行われます。狙って乗ることができないこともあると思いますが、これからも北海道の花として頑張ってほしいです。

関連記事

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事