1月12日、E217系Y-44編成の解体が始まりました。

E217系の解体が始まる

先日長野総合車両センターに廃車配給され、すぐに解体線に入ったE217系クラY-44編成ですが、解体が始まっています。同形式としては初の廃車・解体になり、1両目はモハE216-1044で既に無惨な姿になっています。

同編成は2020年12月25日に運用を離脱し、2021年1月5~6日にかけて廃車配給されました。現地に到着してわずか2日の1月8日に一部の車両が解体線に移動し本日12日に解体となりました。

今回のように今後E217系の解体は急がれると思われますが、依然189系に新たな動きはありません。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事