日勝半島物語きっぷとは?

日勝半島物語きっぷ①
日勝半島 物語きっぷ|JR北海道 - Hokkaido Railway Company (jrhokkaido.co.jp)

札幌駅~苫小牧駅・帯広駅間はJR片道乗車券、帯広駅~広尾~えりも・様似間は路線バス、えりも・様似~苫小牧駅間は「特急とまも号(高速乗合バス)」に乗車できます。日勝半島エリア(日高・十勝)をJRとバスでぐるっと一周でき、観光に大変便利なきっぷです!

発売条件・利用期間・発売期間・有効期間は?

【発売条件】
 ①JR北海道区間
  →札幌駅~苫小牧駅または帯広駅、帯広駅または苫小牧駅~札幌駅まで、
   普通・快速列車の普通車自由席に片道1回乗車可能
です。
   ※特急列車を利用される場合は別に特急券が必要です。
   ※札幌駅~苫小牧駅間は千歳線経由、札幌~帯広間は千歳線・石勝線経由となります。
   ※石勝線「新夕張~新得間」に限り特急列車普通車自由席に乗車可能です。
    特例区間外にまたがってご乗車になる場合は乗車全区間の特急券が必要となります。

 ②バスフリー区間
  →帯広駅~広尾間(十勝バス)
  →広尾~えりも・様似間(ジェイ・アール北海道バス)

   上記路線バス区間の「片方向に限り」乗降自由です。
   ※逆戻り不可
   ※都市間バスは乗車不可

 ③特急とまも号
  →えりも・様似~苫小牧駅間で運行する
   高速乗合バス「特急とまも号(ジェイ・アール北海道バス)」に乗車可能
です。
   ※予約制(事前予約がない場合は座席の混雑状況により乗車できない場合があります)
   ※指定された箇所で1回に限り乗降可能です。
   ※一日1往復運行しています。
    運行に関する詳細は、ジェイ・アール北海道バスホームページにてご確認ください。

【利用期間】
 2022年4月23日~2022年11月24日まで

【発売期間】
 2022年4月15日~2022年11月21日まで

【前売期間】
 ・有効期間開始日の1ヶ月前より当日まで発売しています

【有効期間】:4日間

設定区間・発売額は?

日勝半島物語きっぷには、2種類のバリエーションがあります。1つ目が「帯広先回りコース」、2つ目が「苫小牧先回りコース」です。どちらから行ってもお値段は一緒です。4日間ありますので普通列車でのんびり行くことをおすすめします。特急列車も別に特急券を購入することで乗車できますが、切符のお得額が減りますのでおすすめしません。また、本きっぷはルートを逆回りに進むことがどちらも出来ないため、購入前にどちら周りで巡るかをあらかじめ決めておきましょう!

●設定区間①(帯広先回りコース)
 札幌→帯広→バス→苫小牧→札幌
●設定区間②(苫小牧先回りコース)
 札幌→苫小牧→バス→帯広→札幌
 大人9,500円 こども4,750円

【大人通常料金(特急利用無し+バス料金込):13,370円】・・・3,870円お得!
 ※特急列車の自由席を利用される場合は、別途2,420円が必要となります。

【利用可能エリア】

日勝半島物語きっぷは上記QRコードを駅備付けの「指定席券売機」へかざすことで、簡単に購入することができます!QRコード利用時は、QRコードを券売機で選択してください。携帯電話等でQRコードご利用する場合は、必ず画面を明るくしてから、かざしましょう。暗い場合ですと上手く読み取れない可能性があります。購入の仕方は以下をご参考にどうぞ!

日勝半島物語きっぷ④
日勝半島物語きっぷ|JR北海道のおトクなきっぷ (jrhokkaido.co.jp)

きっぷの買える駅と乗車できる列車は?

日勝半島物語きっぷはでは、利用できる列車が決まっています。下記表を参考いただき、乗車前に確認しておきましょう!

【発売箇所】
JR北海道駅に設置されている「指定席券売機・話せる券売機」でのみ発売しています。
 ※みどりの窓口での発売は行っていませんので注意しましょう!
 取扱い駅:小樽駅・銭函駅・手稲駅・琴似駅・桑園駅・札幌駅・苗穂駅・白石駅・厚別駅・江別駅
      岩見沢駅・八軒駅・新川駅・新琴似駅・篠路駅・拓北駅・あいの里教育大駅・当別駅
      新札幌駅・北広島駅・島松駅・千歳駅・南千歳駅

○=利用可能 ▲=運賃のみ有効 ★=指定券等との組合せにより利用可能 
■=運賃のみ割引(料金は無割引で別に必要)
□=運賃、特急・急行料金のみ割引(設備料金は無割引で別に必要) 
×=利用不可 ※=その他条件付きで利用可能

きっぷの変更について

日勝半島きっぷは、有効期間開始日の変更が未使用(旅行開始前)の場合に限り「1回可能」です。

途中下車・行程を中止する場合の払戻しはどうなるの?

【途中下車の取り扱い】

JR区間で途中下車された場合、当該きっぷは全て無効となりますので注意しましょう!
バス区間については、帯広~広尾間(十勝バス)、広尾~えりも・様似間(ジェイ・アール北海道バス)の
路線バスのみ、片方向に限り途中下車可能
です。なお、苫小牧~様似・えりも間を運行する「特急とまも号」
は途中下車不可
となっています。

※都市間バスは利用不可
※バスルートの逆戻りは出来ません

【自己都合の払戻しの取り扱い】

突然の予定変更や旅行中止が発生した場合、手数料はかかりますが払戻しが可能です。
ただ、使用開始前後で金額が異なってきますので利用前に確認しておきましょう!

・・・払戻しは有効期間開始日前または有効期間内のみ取り扱いとなります。

①使用開始前
払戻額=(発売額例:9,500円)-(払戻手数料220円)

②使用開始後
・A券使用後、B券使用開始前
「A」券の使用後で「B」券未使用の状態で旅行を中止される場合、
次の通りの条件に従いを払戻しされます。
払戻額=(発売額例:9,500円)-(札幌駅から「A」券着駅までの無割引の運賃)-(払戻手数料220円)

③B券使用開始後:払戻しなし

※運行不能時の払戻し
●JR区間:不乗区間に対し無割引運賃で払戻しされます。
     ※払戻しには限度額あり
●バス区間:バス区間全額払戻しされます。

きっぷの特典

日勝半島エリア(帯広駅~様似間)の施設・レストランで「きっぷのB券」を提示することで、プレゼントや割引の特典を受けられるところがあります。詳細は以下を参照ください。

→ 特典情報一覧:nissho-tokuten.pdf (jrhokkaido.co.jp)

乗車経路の注意点

・札幌~苫小牧間
 →千歳線・室蘭線経由(逆回り同様)となります。

・札幌~帯広間
 →千歳線・石勝線・根室線経由(逆回り同様)となります。

※それ以外のルートでの鉄道利用は不可です。

まとめ

ここまでの内容をまとめます。

①日勝半島エリア(日高・十勝)をJRとバスでぐるっと一周できる、お得なきっぷ!
②通常料金よりも3,870円お得に!
③JR北海道にある指定席券売機・話せる券売機のみで発売!みどりの窓口での発売はしていない
④きっぷの設定区間は決められているので購入前に確認しておきましょう!
⑤途中の駅で下車してしまうと、きっぷが全て無効になる
⑥払戻し額は自己都合の場合でも使用開始前後で異なるので注意
⑦B券を提示することで、帯広~様似間の間の一部施設やレストランで特典を受けられる!

みなさんも、おでかけに便利な日勝半島物語きっぷを利用してみてはいかがでしょうか?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事