JR北海道は北海道新幹線の青函トンネルで210km/h運転を実施すると発表しました。

運転日・対象列車は?

運転日は2021年8月12日㈭~2021年8月16日(月)までの5日間運転されます。

対象列車は始発からはやぶさ34号まで(奥津軽いまべつ15時34分着)定期列車の上下合わせて14本が対象となっています。210km/h運転で所要時間は3分短縮となり、東京~新函館北斗駅までの最速は3時間54分となります。

はこだてライナーも繰り上げ・繰り下げ実施

函館~新函館北斗駅までの連絡列車はこだてライナーは14本中11本の時間を変更します。新函館北斗駅発は最大3分繰り上げ、函館発は3分繰り下げとなります。

また、北海道新幹線の高速走行の影響で、快速エアポート1本が新札幌~札幌までと普通列車5本に時刻変更が発生するということです。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事