JR西日本は北陸本線(米原~木ノ本間)で運転していた「Sl北びわこ号」の運行を終了したと発表しました。

2020年春から新型コロナウイルスの影響を受け、運転休止としていましたが正式に、運行を終了するということです。

SL北びわこ号運行を終了 一体なぜ?理由は?

今回の運行終了の理由としては「SL 北びわこ号で使用している車両では、煤煙の影響の少ない換気が困難であるため、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を十分に行う見込みが立たず、また部品の入手等、保守に苦慮していることから、今後の運行は終了することといたしました。」としており、新型コロナウイルスが原因で運行終了してしまった列車ということになります。

一応運行終了ということですが、事実上の廃止ということにもなりそうです。

ただし、今回終了になるのは営業運転で、SLの検査後の本線試運転を行う場合には北陸本線を引き続き走行するということです。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事