7月6日に行われた209系甲種輸送で、鉄道ファンによる危険な撮影がありました。

線路にはみ出す危険な撮影

209系C609編成の甲種輸送がありました。廃車が発生している中で伊豆急に譲渡されるということで、大きな話題になりました。

悪質な撮影者も居て、ホーム上に寝っ転がるようにカメラを構えて、頭は線路にはみ出してしまっています。目撃者によると駅員が注意しても改善されず、ツイッターにその様子を投稿しました。

ところが同じ鉄道ファンから「晒すな」と批判が相次ぎ、目撃者は投稿削除まで追い込まれました。駅員に注意されてもやめない鉄道ファンではなく、目撃者が非難の対象になってしまいました。

鉄道ファンのイメージが下がらないよう不祥事を隠蔽したかったとみられます。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事