2021年7月7日に発生した山陰地方大雨の影響で一畑電車の線路設備などが水没し壊滅状態となっています。一畑電車は「当面の間運転再開見込みが立たない状況にある」というコメントを出しました。

追記:7月10日から運転を再開しています。

大雨で踏切・線路が水没 土砂で埋め尽くる

(https://twitter.com/ichibatadensya/status/1412581746202140677)
(https://twitter.com/ichibatadensya/status/1412581746202140677)

こちらが実際に線路が水没している状況です。線路が水没し、線路が見えないくらい土砂と流木で埋め尽くされていることが分かります。雨が収まった後、土砂の撤去を行った後に電気設備が動作するかどうかの確認も行わなくてはならないため、相当な時間がかかると思われます。

写真は7日午前5時、一畑電車美談駅の写真です。今は水が引いていますが、バラストが流出しているということです。

山間部の区間では土砂崩れか 流木で線路が寸断される

(https://twitter.com/ichibatadensya/status/1412581746202140677)

こちらは山間部の区間の様子です。大雨によって線路上に木が倒れており、雨で木が流されてきたのか、土砂崩れなのかはこの画像からは確認できませんが、土砂と流木の撤去に時間がかかりそうです。

7日は山陰地方で大雨が降り、各地で避難指示などが出ている他大雨による被害も発生しています。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事