JR東日本は大雨の影響で伊東線の伊豆多賀~網代間で土砂崩れが発生したため、伊東線は熱海から伊東までの全線で運転見合わせています。運転再開見込みは立っていません。

伊東線土砂崩れ現場の様子

JR東日本より

こちらが土砂崩れの事故現場の様子です。線路下の法面が崩壊しているのが分かります。また、線路横の柵も崩壊しかけているのが分かります。このため、状況によっては線路が流出する可能性も否定できないことから全線で運転見合わせとなっているようです。また、天候状況が悪いため7月2日は終日運転見合わせとなります。

この影響で、サフィール踊り子・踊り子号に列車の遅れと運休が発生している他、伊豆急行線内も大雨の影響で伊豆高原~伊豆急下田間で運転を見合わせています。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事