変電所故障の影響で停電が続いていた山手線ですが、車両に不具合が発生しました。

長時間停電にバッテリーが持たず

変電所故障により停電が続いている山手線ですが、非常用バッテリーが限界に達しました。山手線E235系0番台には走行はできないものの、最低限の設備を稼働させるための非常用バッテリーが搭載されています。

ところが外部電源が長時間ない状態で通電させていたためバッテリー電圧が低下、車両制御システムINTEROSが維持できなくなりました。また電源消失する前にドアを閉めようと試みましたが、既に手遅れで故障してしまいました。

バッテリー電圧が低い状態でドア扱いをしてしまったせいかと思われますが、これでは送電復旧後も車両点検が必要です。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事