4月30日、東京メトロ17000系17181Fが近畿車輛を出場し、首都圏に向けて甲種輸送されています。

東京メトロ17000系に8連登場

https://twitter.com/Mc103_5001_48/status/1388033899926745091?s=19

今回出場した17181Fは従来の17000系とは異なり8両編成となっています。そのため10両編成と区別するために80番台に改番され、細部で仕様変更があります。

まず製造所が異なり0番台が日立製作所、80番台が近畿車輛になっています。そのためか床下機器が三菱VVVF(フルSiC適用)・東芝PMSMから日立VVVF(フルSiC適用)・日立PMSMと編成によって走行音が異なる仕様になっています。

日立が採用されるのは営団05系以来に

日立製のVVVFが新製車で採用されるのは営団05系以来です。東京メトロとしては7000系のB修や07系の試験車で搭載された実績がありますが、新製車としては今回が初となります。

他にも顔つきや細かな部分に違いがあるようです。鉄道ファンからは、やはりインバーターが異なるということで音が楽しみとの声があがっています。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事