乗務員が退職や異動をする時に行われる「出迎え」にある変化がありました。

会社の対応に現場からは不満が

ホームで社員が集まって出迎えをしている姿を見たことがある人は少なくないのではないでしょうか。鉄道会社の乗務員が退職・異動の時は有志の社員でラスト乗務でちょっとしたラストランのようなことをすることがあります。

コロナ禍であっても、やはり最後ぐらいはということで少人数で続けられてきた出迎えですが、会社によって規制がかかろうとしています。

JR東日本輸送サービス労働組合池袋運輸区分会によると、会社が出迎えに対して「ホーム上から別の場所に変えて欲しい。できなければ許可しない。」としたとのことです。

会社は理由について乗客に迷惑がかかるからと説明しましたが、労働組合は励ましの言葉を頂いていると反論。

交渉により、コロナと会社に配慮して出迎えを継続することはできましたが、異様な光景になりました。

出迎えの当日には現場の管理者4人と支社の社員2人がカメラ付きのタブレットで監視を行いました。言葉をかけることなくただひたすら冷たく監視する会社の姿勢に対して、現場からは不満が生じています。

JR東日本会社と現場の温度差に関しては有名な話ですが、今回は会社の意図として、出迎えを無くしたいのではなく組合員を集まられたくなかったと思われます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事