先日、近鉄の公式を騙る偽アカウントが大々的話題になりましたが、ツイッター社は間違えて偽物ではなく本物を凍結してしまいました。

近鉄の公式アカウントが凍結されてしまう

先日近鉄の公式を騙った悪質な偽アカウントが話題になりました。偽物はその後謝罪をしたものの「ラブライバー」のアカウントに成り済ましたあとに「鉄道ファン」のアカウントにも成り済ましをしました。

謝罪に使っているアカウントも成り済ましなので全く反省していないのですが、その後のツイッター社の対応が話題になっています。

なんと偽物ではなく近鉄が運営しているアカウントが凍結されてしまったのです。ルールに違反しているとありますが、内容は成り済ましのことでツイッター社は偽物と本物を間違えて凍結してしまったのです。

おそらく今回の凍結処理は自動ではなく手動で行ったものと思われますが、担当者がよく確認しなかったのでしょうか。ツイッターは以前に成り済ましのアカウントに公式バッジをつけたこともあり、今回の一件で不信感はさらに高まったのではないでしょうか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事