2月8日、JR東日本は東海道線に新駅を設置すると発表しました。

東海道線に新駅誕生

神奈川県より

JR東日本によると東海道線の大船~藤沢駅の間に新駅を設置することを決定し、神奈川県などと覚書を締結したとのことです。

この構想は30年以上前から進められ、JR東日本管内での東海道線での新駅設置は、1925年開業の熱海駅以来です。※高輪ゲートウェイは正式には東海道本線ですが、旅客案内上は山手線・京浜東北線なので含めていません。

新駅設置にあたっては一部地元住民から「巨額の税金を投じるものではない」と反対運動が起きていました。先月には新駅設置中止を求める署名(約5100筆)が黒岩祐治知事、鈴木恒夫藤沢市長宛てに提出されました。

一方で大船~藤沢間は4.6kmと比較的長い区間であることや、駅周辺に再開発の余地があるなどのメリットもあります。開業は2032年頃を目指しています。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事