近鉄は一般型車両の新型車両導入を発表しました。2024年秋に登場すると発表されました。

近鉄の普通列車新型車両登場 導入は2024年秋

近鉄より

今回発表された新型車両の詳細デザインです。赤の前面に転落防止用の幌が設置されています。また側面は今までの近鉄車両とは異なり、赤と白をメインカラーとした配色になっており、ブルーの帯も入っています。

また、今回導入される新型車両は老朽化した車両の置き換えようとして製造されます。

導入線区は奈良線、京都線、橿原線、天理線などで他の路線にも導入されます。

導入両数は40両で84億円。今回の新型車両導入の原資は運賃値上げで賄う考えです。

L/Cシートも導入 ベビーカー・スーツケース用の座席も

こちらはロングシートにもできる、クロスシートにもできるL/Cシートです。混雑時にはロングシート、郊外の路線ではクロスシートとして利用できることで、乗客のニーズにこたえる形となっています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事