JR西日本は新型コロナウイルスの影響で運転を開始を見送っていた「WEST EXPRESS 銀河」の運行について2020年9月11日の京都・大阪~出雲市で運行を開始します。当初きっぷでの発売も予定されていましたが、当面の間日本旅行が発売する「旅行商品限定の列車」となります。

JR西日本「WEST EXPRESS 銀河」の運行日程 日本旅行から発売

最初の運行は2020年9月~11月まで京都・大阪~出雲市間で運転となり、12月以降は山陽方面への運転となります。きっぷでの発売は当面の間は行いません。

旅行商品での購入となり、購入方法は2020年8月1日に発表となります。

新型コロナウイルスの影響で車内フリースペースでのイベント・物販中止など影響も

今回新型コロナウイルスの影響車内フリースペースのイベント・物販が中止となるなど影響が出ています。また、車内フリースペースでのイベント再開見込みについては発表されませんでした。

JR西日本側としても新型コロナウイルスの感染拡大防止のために消毒などを実施、ボックス席やカウンターにはパーテーションの設置などの対策が盛り込まれています。ただ、パーテーションについては「WEST EXPRESS 銀河」をイメージしたものが使用されるようです。

あくまで想定ですが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために通常の座席販売数は限定して運転するかもしれませんね。

運行開始時はイベントが縮小していたりという事態が発生していますが、是非乗車してみてはいかがでしょうか?

「WEST EXPRESS 銀河」はGoToトラベルキャンペーンの対象になるか?

また、「WEST EXPRESS 銀河」は旅行商品での発売となりますが、全車両座席扱いでの発売となるため7月22日からのGoToトラベルキャンペーンの対象にはならないと思われます。ただし、その他の宿泊施設とセットになっている旅行商品が発表されれば、宿泊旅行プランとして割引の対象になる可能性があります。そのあたりもチェックしておきたいですね。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事