7月4日、レール運搬用の事業用気動車キヤE195系の計2編成が、それぞれ中央線と高崎線で試運転を行いました。

ハンドル訓練で中央線を走る

中央線を小牛田運輸区所属のキヤE195系LT-1が走りました。乗務員のハンドル訓練に伴う試運転です。7月2日にも行われました。

高崎線ではキヤE195系のST-1編成が、同じくハンドル訓練で試運転をしました。LT-1編成が11両なのに対してST-1編成は2両となっています。高崎線では7月3日にも試運転が行われました。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事