1月13日、中央線209系1000番台トタ82編成が検査のため東京総合車両センターに入場しました。

中央線209系が検査入場

豊田車両センター所属の209系1000番台トタ82編成ですが、指定保全の為東京総合車両センターに入場回送しました。

同編成の前回検査は、常磐線として松戸車両センターに所属していた時代の2014年12月です。豊田への転属改造時には大きな検査を行わず、休車扱いでした。

元々E233系グリーン車組込みが終わるまでの繋ぎに過ぎないので、転用や更新が無ければ今回で最終入場かもしれませんね。

今回の入場は一部の鉄道ファンからは予想外だったらしく、撮影に行けなかった人からの妬みか多くの投稿で鍵リプが目立ちました。

また先日故障により運用に入らなかったトタ81編成ですが、未だに運用に復帰できていません。そちらの動向も心配ですね。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事