7月6日、209系マリC609編成が伊豆急行への譲渡のため配給輸送されました。

房総から伊豆半島へ

幕張車両センター所属していた209系マリC609編成が伊豆急行への譲渡のため、幕張車両センターから伊東まで甲種輸送されました。 牽引は幕張車両センターから蘇我間がEF210-140、蘇我からはEF65-2088です。

209系2100番台は、2021年3月のダイヤ改正でE131系が導入され大規模な運用整理が行われたことにより余剰車両が発生しました。廃車に伴う輸送が続いていましたが、今回はまさかの伊豆急行への譲渡です。

8000系置き換えと思われますが、伊豆急行がVVVFインバータ制御の車両を所有することは初となります。直通運転としてはJR東日本の特急形車両などが数多く入線しています。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事