7月6日、東海道新幹線は、小田原~熱海駅間での線路設備確認のため運転を見合わせています。

また土砂崩れか

東海道新幹線は小田原~熱海駅間で線路内点検を行っている影響で、東京~新大阪駅間の上り線、東京~静岡駅間の下り線の運転を見合わせています。

10:29頃、土砂災害現場付近における緊急停止信号発出により土砂流入の可能性が高いです。JR東海によると運転再開には相当時間がかかるとのことです。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事