4月28日、209系10両が長野総合車両センターに廃車配給されました。

209系マリ車2回目の廃車配給

余剰になった幕張車両センター所属の209系マリC612編成とC614・C611編成中間車4両の計10両が長野総合車両センターに向けて廃車配給されました。牽引は長岡車両センター所属のEF64 1030です。

4月22日に続き2回目の廃車配給ですが、今回も昼スジでの施行となりました。明るい時間帯に撮影できることは鉄道ファンにとってはありがたいことですが、それを踏みにじるような不祥事がありました。

鉄道ファンが線路内に侵入

配給が金町から松戸を通過中に鉄道ファンとみられる男3人組が線路内に侵入しました。撮影後は一目散に逃走する様子をカメラが捉えました。幸いにもけが人や列車の運行に支障は出ませんでしたが、身勝手で危険な行為です。

ネット上では「急いで捕まえないとまずいぞ。」「害悪猿たち」「またやってるよ…」と批判の声があがっています。

鉄道ファンといえば先日185系の撮影を巡り傷害事件にまで発展しけが人や逮捕者もでるなど、不祥事が続いています。このままでは撮影禁止や撮影がしずらい夜間での輸送になってしまうのではないでしょうか。

https://japan-railway.com/kawaguchi-toritetsu-taiho/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事