近鉄は団体専用列車として活躍してきた近鉄20000系「楽」をリニューアルすると発表しました。また、塗装も従来の黄色からひのとり風のワインレッドの配色に変更となりました。これを記念して近鉄では8月21日に有料試乗会・9月5日には有料撮影会ツアーを実施します。

近鉄20000系「楽」リニューアル記念ツアーの概要

今回近鉄20000系「楽」は団体専用列車として登場してから30年となる節目の年に今回リニューアルされた形です。(1990年10月デビュー)

一部前面の種別灯が追加になるなど、従来の「楽」と変更になった点もあります。座席については今回のプレスリリースでは公開されませんでしたが、車内の座席や内装についてのリニューアルにも期待が高まります。

8月21日の有料試乗会の概要 大阪上本町~近鉄名古屋間で運転

2020年8月21日に実施される有料試乗会は大阪上本町~近鉄名古屋間の片道ずつで各63名募集がされます。値段は大人1万520円、子供7400円で発売されます。

行きの大阪上本町発は9時38分に大阪上本町を発車、12時23分に近鉄名古屋駅着。

帰りは近鉄名古屋駅14時34分発、大阪上本町17時32分着となります。

セットになっているのは往復運賃・「楽」の料金・参加記念品・諸税で、帰りの特急料金は含まれていません。

申し込みはインターネットのみの発売で駅営業所・電話での申し込みは不可となっています。

2020年7月22日午前10時発売です。

9月5日の有料撮影会の概要 青山町車庫で実施

有料撮影会は青山町車庫で実施されます。あくまで撮影会のため「楽」に乗って移動はできません。

開催は2020年9月5日から各駅から発売されます。撮影会は9時、11時、13時の3回実施されます。

含まれるのは青山町までの往復運賃・記念品と諸税で特急料金は含まれていません。

2020年7月22日午前10時発売です。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事