2020年4月21日、2020年度から横須賀線・総武快速線向けのE235系グリーン車2両がJ-TREC横浜事業所を出場しました。また横浜事業所を出場する際に元東急7200系と連結している光景も見られました。

今後は新津まで回送されその後普通車と連結する予定になっています。

E235系1000番台グリーン車 J-TREC横浜事業所出場の様子

今回のE235系グリーン車には従来のグリーン車にはない液晶ディスプレイ(LCD)の搭載、座席コンセントの設置、無料Wi-Fiサービスを利用できるなどサービス面も向上させた車両となっています。

また、従来の横須賀線・総武快速線のE217系には設置されていなかった半自動ボタンの設置も今回確認されました。今後末端区間や運転見合わせ時ではドアは半自動扱いになると思われます。

今後E235系は11両編成を51編成、4両編成を46編成の合計745両を新造する予定で、今後の動向についても注目していきたいですね。

関連記事

https://japan-railway.com/entry/2020/04/21/172604
https://japan-railway.com/entry/2020/04/18/172915
https://japan-railway.com/entry/2020/04/17/110802
https://japan-railway.com/entry/2020/04/14/161203
鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事