7月3日、長野から名古屋を結ぶ特急しなのが非常に珍しい編成で運行されました。

代走でまさかの4+4両に

特急しなのが定期運用では存在しない付属編成同士の4+4両で運行されました。本来6両の代走運用ですが、かなり珍しい光景です。通常特急しなのは

  • 6両編成:6両単独or4+2両
  • 8両編成:6+2両or4+2+2両
  • 10両編成:6+4両,6+2+2両or4+2+4両

で運転されます。

この4+4両という運用はツイートにあるしなの8号以外にも複数の便で見られました。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票よろしくお願いいたします。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事