JR東日本は在留外国人を対象としたJR東日本全線フリーパス「JR EAST Welcome Rail Pass 2020」を発売すると発表しました。

発売は2020年10月中旬から2月下旬までとなっていて、ウィンタースポーツなどで大いに利用できる切符となっています。

「JR EAST Welcome Rail Pass 2020」の使えるエリア 「はやぶさ」などの指定席も利用可能

今回発売される「JR EAST Welcome Rail Pass 2020」はJR東日本の路線が全線フリーきっぷとなる切符で大変お得な切符となっています。そのほか、しなの鉄道などのほかの鉄道線についても乗車することができます。

発売価格は1万2000円(子供半額)で連続した3日間有効で、1日当たり4000円で新幹線などが乗り放題となる切符です。

利用期間は2020年10月16日~2021年2月28日まで、発売期間は2020年10月16日~2021年2月26日までとなっています。

利用できる列車は普通列車・快速列車のほか、新幹線指定席・特急列車指定席にも乗車することができます。

この切符を受け取った後はみどりの窓口や指定席券売機で座席指定が可能です。(特に回数制限の記載はありません。)

「JR EAST Welcome Rail Pass 2020」の購入方法・発売駅

発売される個所は次の通りです。

東京駅、上野駅、新宿駅、品川駅、渋谷駅、池袋駅、浜松町駅、成田空港駅、空港第 2 ビル駅、東京モノレール線羽田空港第3ターミナル駅、仙台駅の各 JR 東日本訪日旅行センター

JAPAN RAIL CAFE (東京駅)、JR EAST Welcome Center MATSUMOTO(松本駅)および横浜、新潟、長野、盛岡、秋田の各びゅうプラザです。

そのほか、ウェブサイトでの販売を10月16日10時からを予定しています。

また、今回発売の切符は「日本国以外のパスポートを所持している人」に限られるため、日本人はこの切符を利用することができませんので注意が必要です。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事