8月2日、東海道新幹線で人身事故が発生し運転を見合わせました。帰宅時間帯の出来事に混乱が起きましたが運転再開目処がたってすぐに、今度は中央線でも人身事故が起きました。

運転再開見込みが2回延ばされる

https://twitter.com/Hita_x_x/status/1289945107064475654?s=19

中央線豊田付近の黒川踏切で異音が確認されました。確認を行った結果人身事故であると判明し全線で運転を見合わせました。東海道新幹線もそうですが、深夜ということで人に気づきにくいということがよくわかります。

0時17分に発生し、0時50分に運転再開とされていましたが1時10分に変更されました。上りは再開したものの下りはしばらく見合わせていました。運転再開見込みは再び1時30分に変更され実際には29分に再開しました。

最大95分遅れになり大月行きの電車は終着駅到着が2時33分になりました。青梅線や総武線も接続待ちの影響で一部列車に遅れが出ました。終電間際に東海道新幹線と中央線という主要路線が運転を見合わせ、大きな混乱を招きました。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事