2020年1月6日、仙台駅に震災以来約9年ぶりに常磐線特急がやってきました。今回はハンドル訓練(試運転)という形で勝田駅仙台駅に乗り入れました。震災や原発事故の影響で運転を見合わせていましたが、2020年春のダイヤ改正で常磐線は全線で運転を再開する予定です。

かつて常磐線では上野~仙台間で特急列車が運転されていましたが、果たして復活するのでしょうか?少なくとも今回のハンドル訓練で仙台駅へ直通する常磐線特急列車が帰ってくる見通しは立ったといってもいいでしょう。(詳しいダイヤは2020年2月発売の時刻表で発表となります。)

約9年ぶりに仙台駅に常磐線特急がやってきた様子

実際に仙台駅に常磐線特急が約9年ぶりにやってきたときの様子です。多くの鉄道ファンが仙台駅に駆けつけていました。まるで「仙台駅に帰ってきたよ」と言っているように警笛を鳴らして仙台駅に入線してきたときは鳥肌が立ちましたね。

常磐線が全線再開することによって仙台や常磐線沿線にどんな影響を与えていくのか楽しみですね。運行ダイヤは下の記事を参照してください。

https://japan-railway.com/entry/2020/01/17/120841
https://japan-railway.com/entry/2019/12/17/132932
12月17日にもEF81重連の試運転列車が運転されています
鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事