12月14日、札幌市営地下鉄南北線の北34条駅が浸水しました。

ポンプの故障で通路が浸水

札幌市営地下鉄南北線の北34条駅で漏水がありました。その影響でホーム連絡通路が浸水したため北24条から麻生間で運転を見合わせています。

札幌市交通局によると同日午前3時頃に衛生設備のポンプが故障したとのことです。溜まった水は高さ3メートル近くあります。現場は多数のポンプ車で騒然としており、消防が排水作業を行っています。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事