12月14日、元常磐快速線マト118編成のサハE231-60・サハE231-58が解体されました。

常磐快速線E231系初の解体

長野総合車両センターでサハE231-60・サハE231-58が解体されました。同車両は常磐快速線E231系マト118編成が武蔵野線転属に伴う短編成化で発生した余剰車両です。現在残りの8両はケヨMU22編成としては運用されています。

常磐快速線E231系としては初の廃車・解体です。先日元山手線E231系500番台の余剰車両が解体されたことが話題になりました。また長野に入場した元総武線E231系4両も続いて解体されると思われます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事