(http://www.kotoden.co.jp/publichtm/kotoden/new/2019/revival_khk_color_wrapping/index.html)より

鉄道ファンによるクラウドファンディング「還暦の赤プロジェクト」として2019年3月16日から還暦のお祝いとして、ことでん1080形が京浜急行時代の赤に白帯のリバイバルカラー全面ラッピング車両として運行開始します。

また、今回ラッピングの施工費は1050万円かかったそうだ。

出発式は16日13:30~14:40の70分間、仏生山駅3番ホームで執り行われる。

また、16日のみ臨時列車を運行し、17日以降は定期列車の運用に充てられる。

3月16日臨時列車ダイヤ

(http://www.kotoden.co.jp/publichtm/kotoden/new/2019/revival_khk_color_wrapping/index.html)より

仏生山から高松築港駅までの1往復のみ運転となります。

京急初代1000形塗装のラッピングの様子

関連記事

https://japan-railway.com/entry/2019/03/10/172243
https://japan-railway.com/entry/2019/03/03/205400
https://japan-railway.com/entry/2019/03/04/103109
https://japan-railway.com/entry/2019/03/04/212127
https://japan-railway.com/entry/2019/03/05/160605
https://japan-railway.com/entry/2019/03/01/105812

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事