12月13日、185系B5編成が団体臨時列車として信越線横川駅に入線しました。

185系が信越線横川駅に

鎌倉学園鉄道研究同好会OB会による団体臨時列車が運転されました。車両は185系オオB5編成が使用され、区間は横須賀から信越線横川です。

信越線では鬼滅の刃仕様のSLぐんまよこかわが運転されており、横川で185系とSLが並ぶ姿が見られました。185系はかつて横川から軽井沢間を普通列車としてEF63の重連とともに碓氷峠を越えていたので懐かしく思う人もいるのではないでしょうか。

幕回しでは「踊り子」「湘南ライナー」の幕を見ることができました。引退間際の185系ですが久しぶりに横川に入線することができました。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事