12月20日、JR線でのポイント故障の影響で相鉄線直通列車にも影響が出ました。そのため相鉄12000系がJR横浜駅に入線する珍事が起きました。

ポイント故障で羽沢横浜国大に行けない

7時19分頃に東海道貨物線(武蔵小杉~羽沢横浜国大)でのポイント故障の影響で、相鉄・JR線は直通運転を中止し、羽沢横浜国大で折り返し運転をしています。新宿〜羽沢横浜国大間で運休が出ており、埼京線・新宿以北から直通する海老名行は、新宿止まりとなります。

新宿から発車する予定だった相鉄車両も急遽回送となりました。またJR線から直通する予定だった12000系12105Fが羽沢横浜国大に行けないため、相鉄線内に入れなくなり、JR横浜駅9番横須賀線ホームに入線する珍事が起きました。

先日も相鉄直通線がJR横浜駅に入線することがありましたがE233系でした。今回は相鉄車両がJR横浜駅に入線したということで注目されています。当該車両はE233系の時と同じく保土ヶ谷折り返しになると思われます。

ちなみに幕は「各駅停車 横浜」になりましたが、JRでも相鉄でも同じですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
阪急神戸線と阪急京都線の直通運転計画があった「阪急新大阪連絡線」 開業してれば神戸三宮から河原町まで乗り換えなしだった? 大阪万博・リニアに向けて十三~新大阪へ延伸・直通計画のみ2025年の実現目指す
阪急
阪急神戸線と阪急京都線の直通運転計画があった「阪急新大阪連絡線」 開業してれば神戸三宮から河原町まで乗り換えなしだった? 大阪万博・リニアに向けて十三~新大阪へ延伸・直通計画のみ2025年の実現目指す
かつて阪急神戸線と阪急京都線の直通運転と新大阪乗り入れをするために建設される予定だった「阪急新大阪連絡線」の計画がありました。 それについて...