JR東日本の公式発表で、2020年12月1日~2021年2月28日までに増発する臨時列車を発表しました。

JR東日本としては新型コロナウイルスの感染拡大しても安心して利用できる環境づくりをしたい狙いがあると思われます。

東北新幹線・北陸新幹線の増発列車 12月のみ

東北新幹線
 

東北新幹線、北陸新幹線の増発列車は次の通りです。東北新幹線で3本、北陸新幹線では11本列車が増発されます。また増発される列車について停車駅や設備につての補足も発表されています。

発売は2020年11月21日午前5時30分から発売を開始します。また、12月21日以降は1か月前午前10時からの発売となります。

【踊り子・あずさ・かいじなど】在来線特急 1月増発分

特急踊り子、あずさ、かいじ、草津を中心に臨時列車が増発されます。一部列車が全席指定席列車になっているのでご注意ください。

発売は乗車日の1か月前午前10時からです。

【踊り子】2月増発 185系は2021年春に引退

2月は特急踊り子号が増発されます。2月に伊豆方面にお出かけの場合は使ってみてもいいかもしれません。

また、長らく特急踊り子に使用されていた国鉄時代からの185系電車が2021年春で引退となることがすでに発表されています。

185系が特急踊り子として走るのは2021年春までですから、最後の活躍の場として、2月の追加運転列車でその姿が見られるというのは鉄道ファンとしてはうれしい展開でしょう。

185系記念グッズも発売されるので、どういったことが引退イベントとしてあるのか気になった人はチェックしてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事