1月20日、E217系クラY-105+Y-107編成が長野総合車両センターに廃車配給されました。

付属編成初の廃車はY-105+Y-107編成に

鎌倉車両センター所属のE217系の付属編成Y-105編成とY-107編成の8両が廃車のため長野総合車両センターに配給輸送されています。牽引は長岡車両センター所属のEF64 1031です。E217系の廃車は5日のY-44編成に続いて2,3本目です。

最終運用はY-107は18日の97運用でY-105は17日の63運用でした。製造から約25年活躍しました。以前にも紹介しましたが今回が例のように疎開=廃車ではなさそうです。

このEF64 1031は皮肉にも同日にE235系1000番台J-06編成を新津から首都圏へ配給輸送してきた車両です。新車を運んで旧車を持ち帰ることになりました。

先日と同じく新宿経由で行われましたが、終電繰り上げがあったことや、急だったこともあり撮影者は以前より少なかったようです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事