2021年7月4日、えちごトキめき鉄道で413系・455系の運転が開始されました。

また、土日祝日に413系・455系で運転される快速妙高と、観光急行が運転を開始しました。

観光急行・快速妙高とは?

観光急行越後

今回運転開始となった快速妙高・観光急行です。快速妙高は直江津~妙高高原間で運転。観光急行越後は直江津~市振まで運転します。快速妙高は料金不要の快速列車として運転。

観光急行では、今や絶滅寸前となっている車内販売が行われるほか、景色がいい区間では減速運転を行い観光案内放送が行われるということです。そのため、急行ではなく観光急行の名称が使われています。また、公式サイトでも「急いで行かない」という意味の急行であると明言しています。

観光急行の「急行」は、「急いで行かない」の略称です。
急行4号以外の列車は、日本海ひすいラインが誇る絶景区間で速度を落として走行します。

えちごトキめき鉄道 観光急行公式サイトより(https://www.series455413express.jp/cont9/main.html)

また、観光急行のヘッドマークは越後以外にも数種類用意されているということです。

また、観光急行越後の乗車には急行券500円(こども250円)が必要となっており、国鉄時代を彷彿させる硬券を使用。また、硬券に日付を印字するダッチングマシーンも設置されています。

また、現在のところ全車自由席での運転となっていますが、今後指定席券の販売も予定されています。

沿線の見所では徐行運転も

運転日・運行時刻

運転日は7月4日、10日、11日、17日、18日、22日㈭、23日㈮、24日、25日、31日。8月1日、8月7日、8日、9日㈪、8月14日、8月15日、8月21日、8月22日、8月28日、8月29日。9月4日、5日、11日、12日、18日、19日、20日㈪、23日㈭、25日、26日。原則として土日祝日に運転となります。

快速妙高(1往復・土日祝日運転)

駅名時刻
直江津8時43分発
春日山通過
高田8時52分発
南高田8時55分発
上越妙高9時00分発
北新井通過
新井9時07分着・9時10分発
二本木9時19分発
関山9時28分発
妙高高原9時37分着
折り返し
妙高高原9時44分発
関山9時53分発
二本木10時01分発
新井10時10分発
北新井通過
上越妙高10時19分発
南高田10時22分発
高田10時26分発
春日山通過
直江津10時35分着

観光急行1号 時刻表

駅名時刻
直江津11時26分発
糸魚川12時20分着・12時34分発
市振12時52分着

途中絶景スポットなどで徐行運転を行います。

観光急行2号 時刻表

駅名時刻
市振13時10分発
糸魚川13時28分着・13時42分発
直江津14時31分着

途中絶景スポットなどで徐行運転を行います。

観光急行3号 時刻表

駅名時刻
直江津15時03分発
糸魚川15時51分着

途中絶景スポットなどで徐行運転を行います。

観光急行4号 時刻表

駅名時刻
糸魚川16時40分発
直江津17時08分着

徐行運転は行いません。糸魚川~直江津間を28分で走破します。直江津で17時38分発新井行きに接続、上越妙高ではくたか572号東京行きに接続します。

本気を出しているのか110km/h運転が行われており、表定速度は約83km/hなので、逆にそれくらい出さないと28分では走れないということなのかもしれないです。爆走を楽しみたい人には乗ってみたい列車。この列車に関しては観光急行唯一の「急いで行く」列車と言えるでしょう。

観光急行・快速妙高に安く乗る方法・お得な乗車券「ホリデーツアーパス」

観光急行・快速妙高に安く乗る方法・お得な乗車券はないのかと考えている方もいるかもしれません。えちごトキめき鉄道から、観光急行でも使えるお得な乗車券が発売となります。

発売期間・利用期間

発売日は6月28日から通年発売・1か月前から発売となります。

利用期間は土休日に利用できます。また、これに伴いトキ鉄ツアーパスは平日のみの発売となります。

値段・発売価格

発売価格はおとな3000円、こども1500円です。

利用可能な列車

えちごトキめき鉄道線内の普通・快速列車の他、特急列車・観光急行の普通車自由席が乗り放題。ただし、えちごトキめきリゾート雪月花には乗車できません。

有効期限は1日間です。

発売箇所

えちごトキめき鉄道の有人駅窓口で発売。

快速・急行を往復乗車で元が取れる 最大半額以下になる利用方法も

本当にお得なのか検証してみましょう。まず、上越妙高まで新幹線を利用して、上越妙高~直江津~市振まで、快速・観光急行を乗り継いだとしましょう。

この時の片道の料金は上越妙高~市振間の乗車券1550円と急行券500円で、2050円となります。往復で乗車すると4100円となるので、往復しただけで1100円お得に乗車できます。観光急行は一日乗り放題なので、もう一往復するのもいいでしょう。直江津~糸魚川は900円、急行券500円なので、片道で1400円、往復で2400円となります。

本来であれば、6500円払うところをなんと3000円。半額以下になるになるわけです。

逆にこのお得な乗車券を使わないわけにはいきませんね。

お得になっている分、食事やグッズ、地元にお金を落としてほしい鳥塚社長の意向が価格にも反映されている形です。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事