インドネシア・ジャカルタに譲渡された元東急8500系が脱線事故 KRLジャボタベック

2019年3月10日現地時間10:00(日本時間12:00)頃インドネシアのジャカルタで元東急8500系がボゴール~チルブット間で脱線事故を起こしました。

運行会社のKRLジャボタベック社は切符をすでに購入した人を対象に払い戻しをするなど対応に追われています。

なお、日本での活躍時には事故は起こしていなかったことから、車両の欠陥は考えづらく線路や架線などの保守点検に原因があったと思われます。

また、今回事故を起こした路線に保安装置を設置していませんでした。保安装置とは、電車が事故にならないように速度が出すぎていた場合に、カーブで脱線しないように運転士の意思とは関係なく、自動的に速度を落とさせる装置(日本ではATS:自動列車停止装置と呼ばれています。)

現在も、東急8500系が走っていますが、日本では事故を起こしたことはなく(鉄道会社が原因ではない踏切事故や事故に直結しない車両事故は除く)、日本で乗る場合には安心して乗車できます。

Wikipediaより東急8500系

脱線事故を起こした現地の状況は?

関連記事

https://japan-railway.com/entry/2019/03/11/131800

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です