2021年2月22日~25日にかけて3日間のみ東北本線で運転された「救済臨時快速列車」ですが、記事の中で写真などを募集したところ、沿線の鉄道ファンの方から写真を頂きましたので、今回それについてまとめてみました。

東北本線 救済臨時快速列車 感謝の言葉

今回東北本線の救済臨時快速列車に対して鉄道ファンの方からコメントと写真を頂きましたので紹介させていただきます。

青空の下で

10年前の東日本大震災の際も福島~仙台等で救済臨を運行して下さって、今回の地震でも各地で救済臨を運行してくださいました。
近年、鉄道ファンの迷惑行為が目立ってきている中、このような臨時列車を運行してくださったJR東日本さんには頭が上がりません。
私達、被災者の心をいつも繋いでいるのは、JR東日本さんをはじめとした、各鉄道会社の線路だと思います。
今回は、地元で撮影をさせていただきました。今後も東北、そして日本を鉄路で繋いでいてください。

たくさんのコメントありがとうございます

編集部から:青空の下でという素敵なタイトルでの投稿ありがとうございます。正直な話私たちも10年前の地震のことは今回の地震で思い出してしまいました。今は廃車なってしまった485系や583系などで運転してくれた時を非常によく覚えています。これからも人の心を繋いでいる鉄道を見守っていきたいですね。

追記:そのほかにも、那須塩原で撮影された方と車内での英文が掲示されていたという人がいらっしゃいましたが、サイト上の問題で受け取れなかったようです。再送いただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。また、今回の東北本線臨時快速列車の写真などを掲載したいという方はコメント欄から送信ができます。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事