12月18日、JR東日本横浜支社と大宮支社は2021年3月13日に実施されるダイヤ改正の詳細を発表しました。

「通勤快速」が廃止 快速停車駅も変化

高崎線・宇都宮線・東海道線では「通勤快速」が廃止されます。

宇都宮線の快速列車(快速ラビット、湘南新宿ライン快速、通勤快速)は全て停車駅を統一し、新たに「東大宮駅」に停車、「蓮田駅」には全列車が停車をします。

高崎線の快速列車(快速アーバン、通勤快速)は全て停車駅を統一し、「上尾駅」と「桶川駅」に全列車が停車をします。

※宇都宮線の通勤快速は快速ラビットに、高崎線の通勤快速は快速アーバンに統一します。また尾久駅は通過となります。

※「快速アクティー」は夜間帯の下りのみの運転となります。

高崎線特急 停車駅見直し・減便

土休日の「あかぎ」全列車が新たに北本駅・鴻巣駅に停車し、平日の「スワローあかぎ」と停車駅を統一します。

平日の「スワローあかぎ 15 号」、土休日の「あかぎ 10 号」は運転を取りやめます。

普通列車も減便

朝通勤時間帯の宇都宮線(上り)は、運転間隔の均等化を図りながら、運転本数を見直します。

日中時間帯の宇都宮線・高崎線は、上野駅発着列車をそれぞれ毎時1本程度運転を取りやめます。

夕通勤時間帯の宇都宮線は、古河~宇都宮駅間で毎時1~2本程度運転本数を見直します。

終電時刻について

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事