9月1日、熊本市交通局は市電に女性専用車両を試験導入することを発表しました。

2両のうち半分の1両が女性専用に

熊本市交通局は女性専用車両の試験導入について「市電車内における迷惑行為(痴漢・盗撮等)の防止を図り、安心して利用いただける環境を提供するため」とし、利用者への理解と協力を呼びかけています。

試験期間は9月14日から12月28日で運行時間は平日の7時頃から9時頃までです。2両編成の進行方向の対して後方の車両1両が対象ということで編成の半分が女性専用車両になります。

運行本数はA系統上り(健軍町⇒熊本駅前・田崎橋)とB系統上り(健軍町⇒上熊本)が2本、A系統下り(熊本駅前・田崎橋⇒健軍町)が3本、B系統下り(上熊本⇒健軍町)1本です。詳細なダイヤも公開されています。

女性専用車両は強制的なものではないことを強調すべく「女性専用車両は任意の協力をお願いするもので、性別によって乗車を拒否するものではございません。このため、男性のお客様が乗車された場合でも、乗務員が直接注意を行うことはありませんが、乗車の際にご協力の呼び掛けを行います。」としていますが、他路線と同じくあくまで建前で事実上強制になります。

例外として小学生以下と障がい者(介護者を含む)は男女問わず乗車可能です。もちろんこの発表には不満殺到で「ここまでするなら男女完全にわけた方がいい」という意見が多数出ました。利用者が極端に違いますが山手線11両のうち5,6両を女性専用車両にしますと言っているようなものなので理解が得られるのは難しそうです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事