スポンサードリンク

真岡鉄道は、真岡線全線開通から100周年を記念して12月20日にSLとDLが重連運転をすると発表しました。

普段は乗車できないSLとDLの重連運転で、運転が行われるのは下り列車のみで上り列車はプッシュプルでの運転となります。

重連運転の実施は2018年6月以降2年ぶりの実施となります。

SL・DL重連運転 予約・料金などまとめ

運転区間は下館~茂木間で運転されます。また、SLとDLが重連運転されるのは茂木行きのみとなっており、帰りの下館行きでは重連運転は行いません。

運行日は2020年12月20日です。

また、真岡鉄道では新型コロナウイルス感染拡大防止策として2020年7月18日乗車分からSLもおかはインターネットによる事前申し込みに変更となりました。

電話予約、当日券の販売が無くなったので、注意が必要です。また、乗車券については当日可能です。また、Suica、PASMO。クレジットカードは利用できません。

料金は大人500円、子供250円です。支払方法は、当日真岡鉄道での有人駅(下館、真岡、益子、茂木)で支払いとなります。無人駅から乗車の場合は当日車掌より買うことになります。

また、JR東日本管内での「みどりの窓口」「びゅうプラザ」での取り扱いは終了しています。関東鉄道についても乗車人数制限で、当面の間休止となっています。

運行ダイヤ・時刻表は?

運行ダイヤについてまとめました。

行きは下館駅10時35分に発車します。折本10時42分、久下田10時50分、寺内10時57分、真岡11時13分、西田井11時25分、益子11時34分、七井11時40分。多田羅11時46分、市塙11時54分、茂木12時06分着です。

帰りは茂木駅を14時26分に発車します。市塙14時42分、多田羅14時48分、七井14時54分、益子15時01分西田井15時11分、真岡15時28分、寺内15時34分、久下田15時42分、折本15時49分、下館15時56分着となっています。

そのほかグッズ販売・式典などを実施

真岡鉄道によると12月20日の当日は茂木駅での臨時売店の設置や100周年記念グッズの販売、上り列車発車時の式典などのイベントも実施するということです。

詳細については後日改めて発表となります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事