JR東日本は「働き方改革」の一環として、駅ナカシェアオフィスの設置を行っています。

その一環として、営業列車では通常使用していない「両国駅の臨時ホーム」に特急「成田エクスプレス」に使用されるE259系特急型車両を停車させて、「シェアオフィス」を開設します。

【初の試み】成田エクスプレス・シェアオフィス実証実験 実施日、料金、営業時間は?

実施日は2020年11月27日・28日に実施されます。

開設場所は両国駅3番線臨時ホームで、午前10時~午後4時まで実施されます。(最終受付は3時45分)

利用料金は税込みで15分あたり110円で利用できます。また、受け付けはご利用開始時刻の5分前から行います。

事前予約制で。11月20日の12時より予約開始となります。また、座席定員制のため座席の指定はできないということです。

記念品「成田エクスプレス・マルチクロス」ここでしか手に入らない

今回の成田エクスプレスを使用したシェアオフィスではPC画面クリーナーとして使える成田エクスプレスのロゴ「N’EX」が入った記念品がプレゼントされます。

また、もらえるのは初回限りということで、2回目以降は配布しないということです。

受け取るには退出時に予約画面を提示するともらえます。

「N’EXシェアオフィス」の利用特典は?

両国駅の商業施設を中心に成田エクスプレスのシェアオフィスを利用した人に向けた特典が今回用意されています。

作業して疲れた後に食事に行ったときに割引が効くのはうれしい特典ですね。

なぜ成田エクスプレス車両のシェアオフィスを実施?

JR東日本はなぜ成田エクスプレスのシェアオフィスを実施したのでしょうか?

新型コロナウイルスの影響で成田エクスプレスの需要が減っていて既に「減便ダイヤ」が実施されています。

中でも成田空港に行かない「東京発大船行きの成田エクスプレス」も運転されており、利用客の減少具合は想像できるかと思います。

減便されている影響で、成田エクスプレスの車両が休んでいる時間が多くなっていると考えられ、車庫で「ニートレイン」をしているなら、シェアオフィスとして使おうというのが、今回のJR東日本の狙いではないでしょうか?

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事