阪神電車は2020年から2021年にかけて大晦日の運転と年末年始のダイヤについて発表しました。
阪神本線と乗り入れ先の神戸高速線で行き先を変更した延長運転と臨時列車を実施すると発表しました。
ただし阪神なんば線、武庫川線での延長運転、臨時列車は今年度は実施しません。

阪神終夜運転2020-2021は実施せず

年末年始の12月30日から1月3日については土休日ダイヤで運転されます。
また大晦日の運転では、上り列車が尼崎・石屋川止まりの列車を大阪梅田まで延長運転します。
下り列車については、元町・石屋川・尼崎止まりの列車について延長運転を行います。

大晦日ダイヤの時刻表

また、上り・下りの大阪梅田発高速神戸発の最終列車については臨時に運転があります。

高速神戸から先、山陽須磨までは臨時列車が運転されます。この列車は阪急神戸三宮始発の列車で山陽須磨まで運転します。

今年度の大晦日ダイヤは1時49分高速神戸に発車する列車が最終列車となります。 1月1日の始発列車までその後は運転がなく通常通りの運転となります。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事